Latest Entries

球技大会

5月17日に波方運動公園の多目的グラウンド、野球場をお借りして平成30年度球技大会が行われました。

種目は、サッカーとソフトボールとし、それぞれ各クラスが2つのチームに分かれてトーナメント方式で優勝を目指します。

1_2018052113291115e.jpg

試合を開始する前にレクリエーション委員から、「サッカーは、前半20分、ハーフタイム10分、後半20分の計50分で勝敗を決定します。同点の場合は選抜された3名がPK戦を行います。」
 「ソフトボールは、7回まで行うか、50分経過した時点のイニングで終了となります。引き分けのときは、じゃんけんで勝ち負けを決定します。」
 「審判は、試合をしていないチームからそれぞれ出すことで公平にジャッジするようお願いします。」と、ルール説明と注意事項がありました。

2_20180521132913fb0.jpg

最後にレクレーション委員長から「これから球技大会を開始します。ケガや熱中症に気をつけて頑張ってください。」と開会宣言がありました。

3_20180521132914b51.jpg

09時20分に第一試合が開始されました。

サッカーの試合の様子です。

4_20180521132916097.jpg

5_20180521132917126.jpg

6_20180521132924e53.jpg

7_20180521132924f0d.jpg

ソフトボールの試合の様子です。

8_20180521132855ff3.jpg

9_201805211328569ba.jpg

10_20180521132858ac8.jpg

11_201805211328593ff.jpg

頑張って応援している学生が多く見られました。

12_20180521132901936.jpg

お昼は、賄いの方が弁当を作ってくれて、グラウンドまで待ってきてくれました。
仲の良い学生同士で食事をしました。

13_201805211329034c4.jpg

14_201805211329043a1.jpg

お昼からは、それぞれの種目の決勝戦です。

ソフトボールはA-1チーム対B-2チームとなりました。

15_2018052113290659d.jpg

サッカーはA-1チーム対B-2チームです。

16_20180521132907416.jpg

最後に閉会式が行われ、サッカーで活躍した叶田君が、ソフトボールは、女子学生の藤田さんがMVPに輝きました。校長先生から賞状を手渡されました。

17_20180521132909718.jpg

18_20180521132910bf8.jpg

今回の球技大会をとおして船員になるための健全な精神とコミュニケーションの大切さを学べたと思います。このことを、寮生活や学校生活に活かして頑張ってもらいたいです。






役員任命式

4月16日に平成30年度 前期役員任命式が合併教室で行われました。

校長先生から各クラスの級長・副級長に任命書が手渡されました。

級長・副級長からコメントを頂きましたのでご紹介します。

Aクラス級長 小林君

Aクラスは、「自信を持って就職活動に取り組めるようにクラス全体で切磋琢磨する。」とクラス目標を掲げました。
級長としてクラスのメンバーがクラス目標を達成できるように、しっかりまとめていきたいと思います。
それに加え級長としての経験が将来の糧になるよう、ひとつひとつの仕事を責任持って頑張ります。

1_20180511172351e1f.jpg

Bクラス級長 須賀君

「団結力の強いクラス」を目標に半年間、日々精進していきたいと考えています。
そのためには、日頃からクラスメイトと分け隔てなく接することを意識し、コミュニケーションを深め、率先してクラスを引っ張ることにより、同じ目標に向かって進んでいけるようにしたいと思っています。

2_201805111723526bd.jpg

Aクラス副級長 桑原君

副級長としての役割をしっかりとこなし、かつ、クラス全体が明るくなるような雰囲気作りに励みたいと思います。そして、担任、級長をサポートできるよう精一杯に務めていきます。

3_20180511172346dc3.jpg

Bクラス副級長 林田君

前期Bクラスの副級長として、これから始まる2年間の生活する土台を作りたいと思います。
普段の生活で私たちは、言葉を交わすことでお互いを理解します。コミュニケーションの有無が信頼、ケガ、に関わることもあると考えるので、級長と協力し、クラスの中で壁ができないよう率先してコミュニケーションを図りたいと思います。そして、誰一人欠けることなく卒業するために尽力し、次の級長、副級長へと繋げたいと思います。

4_20180511172348fa9.jpg

任命式では、校長先生から「入学して顔も名前も分からない中、役員に立候補するということは、とても勇気がいったと思います。本校は船員を育成する場所なので、級長・副級長の仕事をとおしてリーダーシップを養ってもらいたいと思います。
また、クラスのメンバーも級長、副級長に協力し、いいクラスになれるよう期待しています。」と激励されました。

このメンバーで9月末まで各クラスを引っ張っていきます。

5_2018051117234925b.jpg


級長・副級長のコメントでクラスをまとめるために頑張りたいという気持ちが伝わってきました。クラスの仲間と共に助け合いながら苦楽を共にして頑張ってほしいと思います。
これから、級長、副級長は担任とクラスメイトとのパイプ役として活躍してください。



しまなみウォーク

4月13日(金)に大島の下田水(しただみ)港から糸山公園まで歩く、「しまなみウォーク」が行われました。

チャーター船で来島海峡を通過することで、海上実習で航行する海域の島の名前や航法などを学習するとともに、学生・教職員間のコミュニケーションを図ることを目的にしています。

波方港に船が到着し、クラス毎に人員確認をして乗船しました。

1_2018042708242959e.jpg

2_20180427082430023.jpg

波方港を出港して来島海峡の中水道を航行し、追い越し禁止区域を過ぎた後、Uターンをして、西水道を通過して大島の下田水港に入港しました。

3_20180427082431b77.jpg

4_201804270824336c2.jpg

5_2018042708241719b.jpg


下田水港の目の前に、道の駅「よしうみ いきいき館」があり、学生は、アイスクリームやジュースを買ってくつろいでいました。

6_201804270824189e9.jpg

7_201804270824208d8.jpg

10時30分しまなみウォークを開始しました。
大島から糸山公園まで約6kmの道のりです。2列に並んで話しながら歩くことで学生同士の親睦が深まったと思います。また、入学直後の緊張感もほぐれたように感じました。

8_20180427082421a21.jpg

9_20180427082423a92.jpg

橋の上を歩いているとき、中水道を航行している船舶を見ることができました。潮流を真後ろから受けているのが、橋の上からだとよく分かりました。

10_2018042708242403a.jpg

話しながら歩いていると、“あっ”という間に6km歩いていて糸山公園に到着していました。

11_20180427082426088.jpg

賄いの方が弁当を糸山公園に届けてくれていました。
気の合う仲間同士で和気あいあいと食事を楽しみました。

12_20180427082427bc9.jpg

今回のしまなみウォークを通して、クラスの仲間と交流が持てたと思います。これからの実技・実習などでは、協力しながら作業を行うことが多いので、互いに積極的にコミュニケーションをとる事を心がけ、2年間の学生生活を楽しく過ごし、時に切磋琢磨しながら仲間と成長できるよう頑張ってください。

校歌練習

4月11日(水)の6時間目に大澤先生をお招きして校歌練習を行いました。

校歌練習をする前に上手に歌えるようにストレッチを行いました。
右手を左の鎖骨のあたりに置き左手は斜めにして小指を上げます。そして首を右に向けて5秒間キープします。5秒後、上半身の力を抜き前に倒れるようにかがみます。この一連の動作を数回すると、筋肉が正常な位置になります。

1_20180424161721c9c.jpg

2_20180424161723c71.jpg

左右のストレッチが終わると、次はピアノを使い発声練習をしました。
最初は「あ、あ、あ、あ、あ-」その後は、「あ」を「バラ」にして、「バラ、バラ、バラ、バラ、バラ-」の発声をしました。最後は、「バラ」を「バラバナナ」に変えて練習しました。
「バラバナナ」で練習すると、だんだん声が小さくなりました。
うまく歌う自信がなくなったのかな?

3_201804241617247fb.jpg

発声練習も終わり、いよいよ校歌練習です。
学生は校歌を歌うのは初めてなので、まずは歌詞の意味を説明しました。

4_2018042416172626a.jpg

そして、いよいよピアノを使って歌ってみます。
ストレッチや発声練習の効果もあり、大きな声で歌っていました。
チャイムが鳴り休憩時間となりました。
休憩時間を利用して歌詞を覚える学生が目立ちました。
歌詞を覚えた学生は堂々と歌えていました。

5_2018042416172053a.jpg

校歌を次に歌うのは、第33期生の卒業式となり約2年後となります。それまで、歌詞の意味やそこに託された想いを忘れないでください。

第33期生 入学式

4月9日に専修科第33期生の入学式が行われました。

1_201804111323357a6.jpg

この日は、桜の花びらが舞い散るほどの強い風が吹いた一日でした。

2_20180411132336bca.jpg

教頭先生が開式の辞を宣言して入学式が始まりました。

その後、担任の先生が、入学生の名前を1名ずつ読み上げ、入学生は「ハイ」と返事をして起立し、全員が起立した後、校長先生から90名の入学が許可されました。
これで、晴れて国立波方海上技術短期大学校専修科第33期生の学生となりました。

3_20180411132337252.jpg

校長式辞の前に、校長先生から4月2日に起きた日本丸の事故の経緯などが説明されました。その後、式辞が読み上げられ「皆さんは本校創立50年目の節目となる入学生です。高い志を持ち向上心を忘れず立派な船員になるよう勉学に励んでください。」と激励されました。

4_20180411132338888.jpg

最後に、入学生の代表者が、船員を志す決意を宣誓しました。

5_201804111323406b7.jpg

入学式終了後には、職員の自己紹介があり、担当する科目や実習などを説明しました。

これから2年間、船の知識や技術の基本を学んでいきますが、同じ目的を持った仲間がいるので、お互いに協力しながら頑張ってほしいと思います。




Appendix

プロフィール

namikata_hashi

Author:namikata_hashi

QRコード

QR