Entries

内航船乗船体験発表会

内航船乗船体験発表会

夏季休暇中に行われた内航船乗船体験の発表会が行われました。
今年度の内航船体験乗船は25名が参加し、参加者全員が写真や動画を使用するなど工夫をこらして発表していました。
その中から、各クラスそれぞれ1名の発表内容を紹介します。

〇9月26日 B組発表会

松下君はタンカー船に乗船し8月6日~13日にかけて名古屋港~苫小牧~千葉港を航海しました。
出入港の様子や仕事内容など、パワーポイントを使用して上手に説明していました。

1_20171016084449607.jpg

ほかの学生も、真剣な表情で聞いているのが印象的でした。

2_20171016084451852.jpg

3_20171016084452ff4.jpg

航海で通過した航路や機関での整備作業など、その都度、質問を受け付け疑問に感じる部分をなくしながら進行していました。

4_201710160844543c5.jpg

最後に船員の方から、航海科はロープワークや操舵号令、機関科は発電機の並列運転や工具の名前、船内生活では、コミュニケーションやあいさつなど学生の時に身に付けておいた方が良いとアドバイスを受けたことを紹介しました。

ことあるごとに教員から指摘されていることが、現場の船員も同じ意見であることが理解できたと思います。

5_201710160844459f6.jpg

聞いている学生からは、機関の構造や賄い業務さらに乗組員の年齢構成などについての質問があり松下君も身振り手振りをまじえ答えていました。

〇9月29日 A組発表会

29日の発表会では、以前ブログで紹介した笠原君が発表していました。

6_20171016084446058.jpg

Aクラスの学生も、真剣に話を聞いており、大変有意義な時間だったと思います。

7_20171016084448a87.jpg

笠原君は夜航海の様子や荷役の作業方法など、聞いている学生がまだ習っていないこと、経験したことがないことに重点を置き、より分かりやすく工夫を凝らしながら説明していました。

乗船体験の発表会では、学生はパソコンを上手に活用し、発表した学生の個性が十分にでる説明会となりました。
乗船体験にいった学生、発表を聞いていた学生、見守っている教員それぞれが何かを感じ取れた時間だったと思います。

このような発表会をすることで、学生は自分の経験や考えを伝える練習になると思うので、今後も継続できれば良いなと思います。

Appendix

プロフィール

namikata_hashi

Author:namikata_hashi

QRコード

QR