Entries

2月の朝礼

2月1日(木)に行われた朝礼で校長先生が話された講話の一部をご紹介します。

「1月の下旬に、第一級海上特殊無線技士の試験があり、今日は、一級小型船舶の学科試験が行われるなど、試験が続き大変だと思います。
しかし、放課後は暗くなった後もグラウンドでサッカーをしたり、ソフトボールするなど上手に気分転換を図りながら学校生活を送ってくれていると感じています。

1_20180219090601a20.jpg

2年生になって海上実習がないので、海上に出る機会が少なく残念に思っている人もいると思いますが、先日、大成丸が来島海峡を通過しました。皆さんも10月から12月の3ヶ月間乗船していたので、気になる人もいたと思います。また、全長400mの超大型船が来島海峡を通過しました。

2_20180219090551ade.jpg

3_2018021909055330c.jpg

来島海峡を通過したことがある船の中で最大の船舶です。そのままでは来島海峡大橋を通過できないのでマストを倒して航行しており、橋の上から見ると、デッキまでの距離が非常に近く感じました。

4_2018021909055409f.jpg

5_201802190905558f1.jpg

6_20180219090557e39.jpg

7_20180219090558ef9.jpg

8_201802190906007ba.jpg

来島海峡のように湾曲している航路では、潮の流れも複雑になり、船がその影響をどのように受けているのかを観察することができます。いつもは海の上から見ていたと思いますが、時間があれば、陸上から海峡を見てみてはどうでしょうか、普段とは違った視点で見ることによって、何か新しい発見があるかもしれませんし、よい気分転換になるかもしれません。

今から、最後の難関である海技士国家試験や期末試験などが控えています。忙しい時期ですがひとつでも多くのことを学ぶ姿勢を保ち、上手にリフレッシュしながらこの時期を過ごしてください。」そういって学生たちを激励されました。

波方校に在籍するのも残り2ヶ月を切りました。
在学中に来島海峡を陸上や橋の上など、あらゆる角度で見ることをとおして、潮流や風向の変化に対する船舶のポジションや針路の向け方などの違いを知ることができると思います。そして、そのことを卒業後に来島海峡を通過するときがあれば、役立ててほしいと思います。

Appendix

プロフィール

namikata_hashi

Author:namikata_hashi

QRコード

QR