FC2ブログ

Entries

サイクリング部~この一年

33期生は乗船実習が近づいてきました。
同時にサイクリング部の1年生での活動も終わりとなります。

4月に入学し、5月に発足した33期生サイクリング部。
発足当時、部員数は過去最高の・・・なんと19名!!
部員数が多いことから、S教員&T教員のダブル顧問体制でのスタートとなりました。

活動は自由参加型で、
「放課後、約1時間のポタリング」
「休日のロングライド」
「地域サイクリングイベント参加」
を行ってきました。
最長で松山~今治(約110km)のロングライドも行いました。

イベントには2回参加しました。
1回目は、国内最大規模のサイクルイベント
「瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会 サイクリングしまなみ2018」
にS教員と部員10名の計11名が参加しました。
コースは今治~尾道までの70km、帰りは自走するとトータル140km!!
このイベントは、高速道路を走行できるところが他のイベントにはない魅力です。
参加者も7200名という桁外れの多さでした。

8時半にしまなみ海道入口の今治ICをスタート。
高速道路ということで時速30kmを超えるハイペースで走行。
途中、来島海峡大橋で、カメラを構える校長先生を発見!(声援ありがとうございます)
第一休憩ポイントの瀬戸田SAで全員が合流。
合流後、全員でスタートし高速道路も残り3km地点にきたところで・・・I君の足に異変が・・・
I君無念のリタイヤ・・・残念。
S教員とI君を除く、残りの9名はそのまま尾道を目指し、昼過ぎ無事ゴーーーーール。
ゴール会場でリタイヤのI君とみんなが合流し、ゴールでのイベントを満喫した後に、帰路へ。
疲れ切った部員達はバス、フェリーを使い今治へ・・・・
脚力自慢のO君だけは完全自走の140km!!!

2回目は、11月に今治市山間部の玉川町で行われた「ツール・ド・玉川」
このイベントには、部員3名、教員3名が参加しました。
山間部のイベントということで、坂づくしの66km!!
なかでも後半に設定された斜度16%もある激坂が最大の難関でした。

約600名のサイクリストが、9時に玉川総合運動公園をスタート
一つ目の峠を越えて玉川湖に到着。ここで校長先生からエールが!!!!!
その後、いくつか峠を越えて、激坂に突入
そこで驚いたのは、自転車を降りて歩く参加者の多さ!!
それだけキツい坂で、上を見るとまるで壁のような坂でした。しかも距離もそこそこ・・・
なんとか6名全員が無事に頂上に到着し、これまで味わったことのない達成感を感じながら今治市内としまなみ海道を一望できる絶景にみんな感動!!!!!!
15時に、全員無事に完走し、恒例の舞台上での記念撮影をして解散しました。

12月に入り、急に冷え込んできたここ波方。
12月初旬に予定していた「ファイナルライド2018」は寒さのため中止となりました。
これまで部活動での走行距離は約500kmになります。
次回部活動は、2年次の夏です。
また、みんなと一緒に走れる日を楽しみにしています。




1.6月、波方~伯方島を走りました。みんな初めてのロングライドでした。
  天候に恵まれ、最高のロケーションの中、気持ちよく走れました。
  部員以外に、S教員、Aさんも一緒に。

1_201812181006472dd.jpg

2.絶景ポイントの糸山展望台にて記念撮影。

2_201812181006492b7.jpg

3.10月、松山向けのロングライドでの一枚。
  山間を通って松山へ行ったのですが、アップダウンの多さにみんなヘロヘロでした!
  110kmを走行しました。帰りは真っ暗に・・・

3_201812181006505e3.jpg

4.「サイクリングしまなみ2018」来島海峡大橋での一枚。
  参加者の多さにビックリです。

4_20181218100652096.jpg

5.高速道路上は凹凸がなく、信号もなく、傾斜もさほどなく、快適に走ることが出来ました!!

5_201812181006536ff.jpg

6.途中リタイヤのI君もちゃっかり写ってます!
高速道路走行という貴重な経験が出来ました。

6_20181218100655c3e.jpg

7.「ツールド玉川」。玉川湖の横を走行中。
紅葉・渓谷・温泉街・湖・・・・・山間の自然を満喫しました。

7_20181218100656808.jpg

8.斜度16%の激坂を登り切った後の記念写真。
  バックには今治市内としまなみ海道が一望できます。
右から2番目のS先生の軽快な走りに驚きました。年齢を聞くともっと驚きますよ!!!!!!!

8_201812181006580ea.jpg

9.ゴール後、舞台上で記念撮影。山ばかりでほんとに疲れたけど、その分の達成感はハンパないです
  前回リタイヤのI君・ゲスト参加のS君・限界を感じたI君・「学生には負けたくない」のT教員・「若いもんには負けんぞ」のS先生・そして私。みんなお疲れ様でした。

9_20181218100646553.jpg

Appendix

プロフィール

namikata_hashi

Author:namikata_hashi

QRコード

QR